<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10月のstole

silk.wool.yakcotton 茜・ラックダイ染  63×188cm ¥24,150

c0181062_1072448.jpg

silk.wool.cashmere.cotton 茜・ラックダイ染 40×180cm ¥25,200

c0181062_1081318.jpg


秋の奈良は、正倉院展や紅葉や冷えた空気が気持ち良いでしょうか、
シルク・カシミア・ヤクコットンのstoleシリーズは、
広くて薄く柔らかくてふわふわとした素材の良さが特徴の質感です。
奈良「NATIVE WORKS.」http://www.native-works011.com/
でご覧いただけます。



by koruri_textile | 2010-10-27 10:57 | koruriのストール

島根県へ

c0181062_1558924.jpg

回廊の真ん中は、平面に水がたたえられていて
しかも水が静かに循環しています。

島根県、益田市にある「グラントワ」
劇場と美術館を備えています。
初めてオペラを観ました。
オペラって面白いんだなあーって
素直に感動しました。

益田は、日本海を望む土地だけど
山の中という印象で、
昔からの商店と新しい施設や道路が平行しています。
紅葉はまだでしたねー



by koruri_textile | 2010-10-23 16:32 | 日記

灰汁

c0181062_18421960.jpg

家の柿の木に初めて実がなり、毎日観察しています。
そうしていると、先日京都・南山城村のお世話になっている方から
栗や栗のイガや椿の灰などをいただきました。
栗は、ゆでて食べたらびっくりするほど
美味しかったので、やはり風土だなあと感心しました。

家には藍の茎灰がありますが、椿の灰も手に入って
とてもうれしい。
主に藍を建てる時に使いますが、
染色の媒染としても活躍します。
湯に灰を入れて、混ぜ、灰が沈んだらその上水を使います。
画像は、まさに水に沈んでいる所なので
大変わかりづらいと思いますが。

以前南山城に住んでいたとき
家の前で灰を取ろうーと
剪定した木を燃やしたことがあり、
煙がたいそう目にしみました。
なかなか火がつかなくて苦労しました。



by koruri_textile | 2010-10-15 18:48 | 日記

10月

c0181062_11183057.jpg


すっかり秋の陽気で、各地でのアートイベントが気になります。
秋は、湿気が少ないので、衣替えや虫干しに適しています。

真っ白な呉汁は、コットンや麻などセルロース系の植物繊維を
染色をする時に使います。(藍染め以外)

大豆をジューサーミキサーで液体にする
        ↓
布で漉し、水で薄めて布や糸を浸してしみ込ませる。
        ↓
それから、風通しの良いところで乾かします。

呉汁は薄めに作って、何回か繰り返して
なるべくムラなく下染めできるよう仕上げます。
それからいろんな色に染色です。

夏の強い日差しでは、
一気に乾き過ぎて仕上がりに油断できません。
ちょうど良いのが今の季節くらい、
「いそがば回れ」ってことなのだと思います。
by koruri_textile | 2010-10-02 11:47 | 日記


天然染料の染めと手織り


by koruri_textile

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

プロフィール
koruriのストール
koruriのアイテム
染色
手織り
お知らせ
展示会
ワークショップ
日記

商品に関するお問合せ・ご相談、お仕事のご依頼はメールにて承ります。

koruri1@hotmail.co.jp

タグ

(89)
(82)
(79)
(44)
(29)
(27)
(20)
(17)
(15)
(13)
(12)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)

記事ランキング

検索

以前の記事

2019年 08月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 10月
more...

画像一覧

ブログジャンル

アート・デザイン